VRAIN雑記

アニメ、漫画などの感想

遊戯王VRAINS 120話感想【最終回 繋がる世界】

f:id:asutor:20190926134155j:plain
f:id:asutor:20190926134208j:plain
f:id:asutor:20190926035802j:plain
f:id:asutor:20190926040019j:plain
f:id:asutor:20190926134147j:plain
f:id:asutor:20190926035812j:plain


終わりました。


終わってしまいましたね。


Aiは遊作に「愛してる」と言い
遊作は 消えたAiを探しに旅立ちました。

Aiが消える別れのシーンでは
遊作もAiも 二人で ボロボロに泣きながら
お互いの名前を呼び合っていました。
遊作が あんなにグシャグシャに泣いている顔は
観ていて辛かったですね。

友愛や親愛と言うより “ラブロマンス”
と言うべきですね。
そして二人の結末は
共に生きる事も叶わない“悲劇”として幕引きをします…。



遊作は Aiと共にあるために
草薙さんや皆の前から姿を消すだろうと
予想はしていました。





“いい最終回だった”
というよりは
どうしても描写不足が否めない悔しさが強いです。

感動<<<不満と悔しさ
です。



遊作とAi以外の キャラクター達に関しては
かなり駆け足で短縮に短縮された描写でした。
(鬼塚とハノイの三騎士に関しては全然釈然としない
三騎士よ、そんな優雅に豪奢に“償い”と言われてもな)
…パンドールちゃん…出した意味ほぼ皆無になっちゃったかぁ


ソウルバーナーは かなりのリア充ENDでしたね。
(よかったなソバ!こちとら砂吐いたけどな!)

難を言うなら、キクちゃんの「カッコよくなったね」は
“ソウルバーナー”ではなく
一皮向けて故郷に帰ってきた“尊くん”に
言って欲しかった。



ロボッピ、他のイグニス達の復活劇も
ナッシング…(せめてカフェナギで、動いているロボッピ見たかった)
でも!カフェナギで、お兄さんと元気に働く
仁くんが見れたのは本当に嬉しかった!
f:id:asutor:20190926035917j:plain


ここまで観て感じたのは
主人公サイドの結末と
他のハッピーエンド勢の差が激しいという
モヤッと感。
遊作やAiの未来のサーキット、描いてないじゃん!




そして リボルバー

f:id:asutor:20190926134227j:plain
f:id:asutor:20190926035938j:plain

リボルバーは…最後まで高潔でカッコ良かったんですが…

まあ、こう、まとめるしか無いか…
(個人的に全キャラクターの中で最も描写カットが悔しいのが、このキャラクターでした)
“運命の囚人”そして“全てを始めた聖の息子”に関しての苦悩や決着に関して、もう一掘り欲しかったな。

アバターも、せっかくだから、バイザー無しに すれば良かったのに。
(新生ハノイとして、アバターの更なるチェンジがあったら、いいファンサービス、そしてサプライズにもなっただろうなぁ)

あと スペさん お久しぶり。
最後までリボルバーの隣にガッチリバッチリ居る姿、
流石です。(スペもホント、カットされるには惜しいキャラだよな~)








ラストシーンに関しては
姿を消したはずの
Playmakerの「IN TO THE VRAINS~!」
は無理やり入れなくても よかったかな…
f:id:asutor:20190925233533j:plain
f:id:asutor:20190925233541j:plain





そしてAi…



f:id:asutor:20190925233610j:plain

リボルバーの言っていた“先の場所”なのか
それとも
“誰かが” Aiを復元されたのか…??

どちらでしょうね