VRAIN雑記

アニメ、漫画、ドラマ、映画の感想です。ネタバレが前提なので ご注意下さい。

神之塔 1話感想【BALLーファイトで~す】

f:id:asutor:20200402015324j:plain

2020年春アニメの中でも 鳴り物入り かつ、異彩を放っていた“神之塔”、
個人的に期待値も高く放送を楽しみにしていました。
事前情報 一切なしで完全初見という楽しみが出来るとワクワクしていました。

いざ 1話を観てみた感想です。


感情移入が全く出来ませんでしたね。


主要キャラクターがポンポン出揃い、まあ、みんな塔の天辺を目指してファンタジーなバトルをするのは解ります。

でも、キャラクターの背景を一切描かないんですよね。
冒頭で主人公とヒロインが情熱的にラブシーン的な離別展開をしてましたが
いや、お前ら どういう関係で何突然 盛り上がってるんだと、なんのこっちゃいです。
そのあと
ポンポン話は進みます。
化け物が出たり姫がでたり
話は盛り上がっても、観てるこっちは アウェイだよ。
だから!キャラクターが解らないのに!話進めすぎイベント起こしすぎだよ(泣)!




ラストでは、400人が200人になるまで殺し会うバトルロワイアルが開始。
サクサク人が死んでたけど、この先けっこう流血 グロ有りなのかな。



第1話はまるごと 序章、オープニングと、割りきって
次回以降に期待ですかね。
おそらく、主要キャラクター達の紹介 世界観の説明がされるはず…

【視聴者達の反応】
レビューサイトなんか見ていると、
まあ、酷評ばかりですね。
観る側を置いてけぼりにした展開に不満や怒りの声が多く上がり“1話で即切り、見る気がわかない”と結構きびしいです。
でも そもそも観ている人が少ない。
韓国では原作漫画がトップクラスに人気で世界中に発進しているらしいですが
日本での認知なんて ほとんど皆無ですもんね。


個人的には作品全体が非常に女性的なのと、主人公とヒロインがメンヘラ電波スウィーツ少女マンガ脳なところが気持ち悪かったですね。
あとは夜が玉を突いてもがいてたら出てきた変な化身だか女神だか何だか解らない女性、あれも イタかったし気持ち悪かった。
ラストで登場した白髪の少年とワニ人間を観た時、
やっと落ち着いたキャラクターが出てきた とホッとしましたよ。


原作が韓国の人気漫画という事も大きいんでしょうね。
価値観、好みに国の違いが出ています。
だからこそ予想が出来ない面白さがあるし それを楽しんでいきたいですね。

ID:INVADED イド:インヴェイデッド 13話感想【最終回 CHANNELEDⅡー俺は名探偵が最後までクドかった】

f:id:asutor:20200323002807j:plain

イドインも遂に最終回!

なんやかんや、毎週楽しみにし視聴してきましたが
それらも含めての総感想になります。


面白かったか つまらなかったか
二択で言うと
つまらなかった
です。


この作品が好き!という人はここからは要注意です。

最終回に関しては 特に何か感じる感動するという事もなく、淡々と視聴し終わりました。
結局、主人公なり、そのまわりのキャラクター達が得たものが無いんじゃないか?というのが
率直の感想です。
無駄な演出やらアクションシーンやらも多く 興醒めでした。
これは1話放送時に多くの視聴者から言われていたんですが、作品の進行が自己中心的で視聴者を置いていっている
という声です。
この最終回は もう それのオンパレードですね。
起きている事は解らなくはないけど
それに対して興味が沸かないんですよ。
なんというか、映像やら説明台詞の垂れ流しを観ている印象を受けました。
他には “主役の声が合わない”、…これに関しては私も同意で
癖が強く若さのない声質、たまに モゴモゴとした滑舌の悪さは けっこう苦痛でした。


あとは、…蔵の井戸端メンバー、軒並みにキャラ薄かったですね。名前も覚えていません。
引っかかると言えば“小春ちゃん/聖井戸”というキャラクターです。彼女の推理も聞いていて本当に退屈でした。
まるで 回答用紙を読んでいるかのようにスラスラと引っ掛かりもつまづきも無く答えまで辿り着く。
答えまでに障害がないと 退屈ですよ。



感想をまとめると、グッとくる回も あったけど
結局は この作品は好きか 面白かったか と聞かれると
そこまでの気持ちには ならなかった…なれなかった です。


レビューサイトをみても動画サイト系のランキングをみても この“イドイン”
まず 観ている視聴者数が少ないみたいです。
最終回を経て 評価はどうまとまるんでしょう。

ID:INVADED イド:インヴェイデッド 12話感想【CHANNELEDー皆でイドIN!もうドタバタ!ジョン・ウォーカー ウッキウキ状態!わしゃあイドで暮らすんじゃい】

f:id:asutor:20200316173616j:plain
f:id:asutor:20200316173626j:plain

早瀬浦局長がやりたい放題。
かっこつけて自殺かと思いきや、
イドの中で生き続けるでごわす
とウッキウキ


飛鳥井 記木ちゃんがふらふら蔵を歩き回り
蔵の人たちが全員イドイン。


もう ドタバタです。
なんか 制作サイド はっちゃけてない?


そして…

富久田…さん…?あんた、死んじまうのかい…?
f:id:asutor:20200316010550j:plain


墓堀も…?

イド内で死んだ彼らの生存の有無は まだ 定かではありめせん。
酒井戸は生きたい奴は生き残る可能性もある
と言ってましたが
富久田さんも墓堀 南も 生きる意志はすでに無いように思えます。

酒井戸と聖井戸 二人そろって「待ってろジョン・ウォーカー!」
と決意し 今回のエピソードは終了です。


ほんと、今回のエピソードのテンションは何なんだ?
井戸端スタッフの皆が転がる大岩から逃げる🏃シーンは
もはやギャグだったぞ?


次回 泣いても笑っても イドイン最終回!
鬱ENDか?カオスENDか?泣かせにくるENDか?

ジョン・ウォーカーのじじぃの生死はどうでもいいけど
一番気になるのは
撃たれた鳴瓢の生死です。
ジョン・ウォーカーを殺せば、彼の悲願は達成されてしまう訳だし…
おじいちゃん曰く、肉体が死んでも精神はイドの中で生き続けるんだそうです。(現に実証済)

…ひょっとして、鳴瓢…酒井戸END…?



ほんと、どう畳むんでしょうね。







ID:INVADED イド:インヴェイデッド 2話感想【JIGSAWEDⅡ バラバラの世界】

f:id:asutor:20200311173704j:plain
f:id:asutor:20200311173712j:plain
f:id:asutor:20200311173720j:plain

前回 第1話にして、多くの視聴者に初見バイバイをかました“イドインヴェイデッド”

正直 私も“面白い”とは思えませんでしたね。
今回の第2話で 人物、世界観の説明が補足され、
作品の方向性、コンセプト、今後の展開が なんとなく見えてきます。

名探偵 酒井戸としてイドに潜っていた 鳴瓢という人物。
鳴瓢の方が“酒井戸”より感情を感じる事が出来ますね。

現時点では 鳴瓢の置かれている状況は 明確ではありませんが、重要と思えるキーワードは幾つか出ました。
ムクちゃんという3年前に亡くなった娘さんがいた事。
娘さんを“カエルちゃん”に重ねている事。

“ジョン・ウォーカー”という連続殺人鬼メーカーの存在。
イドに潜れる鳴瓢は過去に4回、殺人鬼の精神的弱点を知り自殺に追い込んでいる。




この2話放送あたりのレビューサイト、視聴者の感想を見た感じだと、
“解らない”“つまらない”という声が多いですね。
そして、多かったのが “主人公の声優が合わない”です。
これに関しては 好きな声優さんでは ありますが同意でした。
本体である鳴瓢はともかく、“酒井戸”のビジュアルにとにかく合わない。
監督が あおきえい監督だから観る という視聴者も多いですね。

ID:INVADED イド:インヴェイデッド 11話感想【STORMEDージョン・ウォーカーは お前だ!お前かい!】

f:id:asutor:20200309011736j:plain
f:id:asutor:20200309005554j:plain


名探偵3人が 合流、揃い いっきに謎解きです。
ようやく、黒幕的存在“ジョン・ウォーカー”の正体を
つきとめました。



犯人は




犯人は



早瀬浦局長!




……

ひ、捻りが あまり なかった…ッ
捻りが ないぞイドインン!!

一連の事件に関わる行動は誰なら出来るか と考えると
まあ、この人だろうと ほとんどの視聴者の皆さんは察していたんじゃないでしょうか。
(真っ先に お前がジョン・ウォーカーやろ と本能で察するレベルです)
作品の尖った特質上、もっと捻ってくるかと考えてたんですけどね。


今回の一番の クリフハンガー
ラスト、追い詰められた局長が
向かった謎の部屋に監禁?(何かよく解らない)
謎の機械に拘束され、謎のSF的ダサい衣装を纏った
“飛鳥井 記木”らしき女性!


なんやねんコレ
という処で次週持ち越しです。

いよいよ “イドイン”もクライマックスに向かいます!
局長捕まえて終わりじゃね?と言いたいですが
“飛鳥井 記木/カエルちゃん”の正体と
糸目ロリコン変態じじぃジョンウォーカー局長の目的に迫る
…のかな。
f:id:asutor:20200309110440j:plain
f:id:asutor:20200309110538j:plain

ID:INVADED イド:インヴェイデッド 4話感想【EXTENDED 燃えさかるビルの世界ー少女の命を助けたい】

f:id:asutor:20200303104414j:plain

印象的なエピソードです。
クールな酒井戸の 少女の命を助けたい
という漢気、がむしゃらな熱さ が かっこいいんですよね。
さの酒井戸の熱さに井戸端チームのメンバー達も
影響され熱くなっていく様子も とてもよかったです。
f:id:asutor:20200303104849j:plain
f:id:asutor:20200303104856j:plain


結末はショッキングなもので 悲しかったですね。
現場で 犯人に対し 怒りを抑えられない隊員の様子も印象的でした。
これが 人として普通の 在るべき感情であって欲しいものです。
少女が死んでいく様子をネットの動画で興味の対象としてそれを面白いと感じて観覧する人間達 という描写こそが
このエピソードのテーマとメッセージだと感じます。
f:id:asutor:20200303105444j:plain

ID:INVADED イド:インヴェイデッド 10話感想【INSIDEーOUTEDⅡー俺は君達がいない 現実にいる】

f:id:asutor:20200302033209j:plain
f:id:asutor:20200302003049j:plain
f:id:asutor:20200302030425j:plain

素晴らしい回でした。
切なさ、感動があり
ここまでの展開をくつがえす クリフハンガー
素晴らしい盛り上がりでした。
物語が大きく動きましたね。

鳴瓢が 現実を拒絶し
イドの流す過去の 愛する家族の虚像を現実だと言い涙を流すシーンは 観ていて泣きそうになりました。


そして、大きな波乱を起こしてくれたのが
あの“穴井戸”こと穴空き 冨久田さんです。
彼の隠し札には驚きました。
彼は脳に穴が空いているから イドのシステムが正常に機能せず イドに入っても本来の記憶を持ったままで、全てを把握していた
というのが すごいですね。
何故 彼はその事を隠していたんでしょう?
そして、酒井戸、穴井戸が前回から潜っている 砂漠のイドは百木室長のイドではなく、鳴瓢のイド でした。
これにも どういう意味と 必要性があったんでしょう。

現時点ではもう、今起きている事が 一体 誰の意志と目的によるものか 本当に解らないですね。

砂漠のイドに “嵐”が起き その向こうに“ジョン・ウォーカー”の影が…
というところで今回のエピソードは終了しました。


次週まで かなり続きが気になる終わり方です。
いよいよ 本格的に“ジョン・ウォーカー”という
キャラクターに メスが入っていくのでしょうか!