VRAIN雑記

アニメ、漫画、ドラマ、映画の感想です。ネタバレが前提なので ご注意下さい。

ダイの大冒険 3話感想【あの感情豊かな原作が、ここまで平淡に?】

f:id:asutor:20201018144005j:plain

原作ファンの期待も大きかっただろう、
超人気キャラ、ポップ君、アバン先生との出会いの回!
第3話の感想です。

もうタイトルでお察しでしょうが、
批判的な意見オンリーなので
新ダイ大を文句無しに楽しんでいる!という方はブラウザバックして下さい。



感想です。




凄く平面的で淡々としたアニメですね。


魔法や必殺技をぶっ放つシーンは作品の大きな見所なのに
凄く淡々としてショボい。
流れているのかも分からない印象に残らないBGM。
話の進め方に抑揚とか間が無さすぎて
とにかく淡々としている。イベントがさっさと終わって次の話に進んでいくんですよ。


あと声優、キャスティングに関しても
ちょっとマズい。
もうこれ個人的な意見ではなく、他のレビューサイトでも多くの人に指摘されているんですけど


アバン先生。


視聴者(作品自体 初めてという方も含めて)
なんだか冷たい、裏切りそう
と言われてるんですよ。

そんなアホな!!
と思って、私も旧作との比較なしに観てみたんですけど、

本当に温かみとか懐の深さとか
そういった“アバン先生”を全く感じないんですよ。




次回 第4話のハドラー登場と対決までは観ます。
でもそれで視聴断念するかもです。
ダイ、レオナ姫、ポップ、アバン先生、ハドラー
ここまで作中の重要キャラが出揃っても
今のまま淡々とした、ただ色塗って動かして音つけただけの作品なら、もう今後の伸び代とか可能性を感じません。


最後に、多分ファンが一番心配していたポップ君。
凄くキャラクターや旧作アニメなんかも研究しているんだなと感じました。
でもなんだか大人しいというか3話時点では
影が薄かったですね。(作品自体が淡々と進みすぎているせいも有りますが)

ダイの大冒険 2話感想【声優に超不満。演出も過多で終始うるさい】

f:id:asutor:20201013223525p:plain


前回の第1話の感想では
残念ながら批判的な感想しか書けませんでした。

VSキラーマシーン、ダイ紋章覚醒の
第2話感想です。


キャラクターの声がおかしい。
敵として登場したバロン(キラーマシーンに乗った男の人)
き、気持ち悪い。
そんなねっとりした変な喋り方しなくていいよ。
悪人面verだと力みすぎだし…
というか悪役の爺さんの本性だすシーンもダサいしチープだし煩いよ。
演出大げさすぎない?

声の話ばかりになってしまうけど

主人公のダイ君なぁ…
紋章覚醒シーンの「うおおおお」の
ザ普通感が…。
ダイというキャラの野性味とか迫力が一切ないじゃないか。
もう…ほんとキャスティングしたの誰よ…


最後にアバン先生とポップ君が少しだけ出ましたね。
モンスターに襲われている町を「モンスターだけなら兵士達だけでなんとかなるでしょ」と見捨てるサイコパスな脚本が最悪でしたが。
この二人については次回に感想は持ち越します。


【みんなのレビュー】
レビューサイトでみんなの反応はどんなもんかと
調べてみたした。
ちょっとネガティブな意見の方が多いかな?という印象です。
原作や旧アニメのファンからは結構厳しい評価ですね。
どうしても声優批判が多くなっているようです。
レオナ姫への批判が散見されますが
個人的にはダイ君ですね。
2話の熱いシーンがただ叫んでいるだけだったのを観てしまうと、かなりキツいですね。
ダイというキャラは演じるのに難しいキャラだと感じました。
ダイ君ができる声優さんは他に絶対いたはずです。
もし今後この作品が原作ファンに叩かれ続けるなら、
その戦犯は主人公になるかもしれません。

あとは主題歌。これはもう超批判されてますね。
売名タイアップなのは見え見えです。

最後にBGM。
これはもう超超超批判されてますね。
ドラクエ曲を使わない。
あぁ…
まぁ事情が…ってドラクエアニメだよ?
事情なんてあるの?
百歩ゆずって音楽単体で聴いても
なんと言うか…没個性的で印象に残らない安っぽい音楽ですね。

ダイの大冒険 1話感想【ダイジェストだった】

f:id:asutor:20201013222154j:plain


とても楽しみにしていた
ダイの大冒険
その第1話をやっと観ることができました!

ネタバレあり、思ったことそんまんま書きます。



ダイジェストでした。



ええ、なんかもう、ほんと
ただのダイジェストでした。



批判的な感想しかありませんので
以下ご注意下さい。





正直、期待値が高かったのもあるんですけど
かなりがっかりしました。

なんか淡々と話がポンポン抑揚や緩急なく進んでいくし、残念ながら、主人公ダイ君の声が一番ひどい。
この声で今後の熱いシーンは出来ないんじゃないかな。
普通に可愛いだけの声、という印象を受けました。

冒頭でハドラーだしても初見はチンプンカンプンだし、
一話に無理やりレオナ姫出す必要性ないでしょう。
偽勇者一味をコテンパンにする話を一話きちんと使って
進行すればいいのに。

このダイジェスト感が心配です。

キャラクター絵もイマイチ平面的というか、簡素というか淡白に感じました。


満足度☆5で言うと、
☆0です。

炎炎ノ消防隊 弐ノ章2話感想【ア、アーサー君?急にどうした!?ー狂気の炎】

f:id:asutor:20200816035401j:plain
f:id:asutor:20200816035411j:plain


もう今回は 騎士王アーサー君の独壇場オモシロ回でした。
アーサー面白いよアーサー



あと更にもう1人 物スゴ凄まじかったのが
f:id:asutor:20200816035539j:plain
↑この方 第四のアーグ大隊長

ドMーの盾が面白すぎた。

なんかもう 炎炎ノ消防隊で今までで一番笑ったよ。
ギャグがキレッキレです。

パーン中隊長の笛と突っ込みの切れ味もよかった。

何と言うか、テンポも演出も
声優さん達のユーモラスな演技も 全てがうまく噛み合ってていて
この“ア、アーサー!?急にどうした!?”
のシーンは 本当に笑えました。

魔女の守人 最終回感想【笑撃的 打ち切り最終回 “ヲ”とは何だったのか】

f:id:asutor:20200621174854j:plain

全20話にて 打ち切りとなってしまった
“魔女の守人”

その内容が近年 希に見る秀逸すぎる打ち切り最終回な内容だったので、少しだけ感想を書きます。
現状の展開で どう〆るんだ?と
誰しも思っていたでしょう。
その最終回内容です。


以下 ネタバレ注意ください。










5年後の世界です。



な、なんで?
しかもヒロイン意外なんと
外見も服装も ほぼ変わっていないんですよ。

なんかもう、
いろんな物が崩壊とか破綻とか
もうそんなレベルじゃない。


冷静に考えると
主人公パーティが旅に出て
3つの村を回った
だけで完結したんですね。

神之塔 6話感想【ポジション分け】

f:id:asutor:20200507003454j:plain

前回のラヘルの登場と接近で
物語も盛り上がるか?と期待しましたが

面白くない。

6話まで観てきたけど、もう試聴もキツイかな…と思えてきました。

新メインキャラとして参入したオレンジ女も
まったく好感持てないどころが、キーキーペチャクチャうるさいだけの女子という印象。
“クラスの陽キャグループの中にいるバカ女”という印象を抱いた人もいるのではないか。

この“神之塔”というアニメ、日本では賛否両論かな というのが現時点での印象です。
否定的な意見の中で目立つのが以下の通り。
①日本の少年マンガのパクり
②キャラクターが不快、気持ち悪い
③世界観やキャラクターの背景と内面の描写が少なすぎる
④バトルがしょぼい
⑥声が気持ち悪い
⑦1話即切り多数

個人的に一番感じるのは
②キャラクターが不快、気持ち悪い
ですね。
クラウンゲームで一気にメインキャラが増えた事もあり
特にそれが強いです。
どのキャラも とにかく軽薄な且つ陽キャぶっていても陰湿で粘着質な印象です。
他にも 自意識過剰、自己中心的、自己顕示欲過多といった要素も多くのキャラに見られ これも不快要素として大きいですね。
休憩時間には皆でグループをつくってランチする。
このただ単に“群がりたがる”行為も気持ち悪いですね。
200人以上死んでいる“試練”でしたよね 確か。


こいつらが どうなろうが どうでもいい。
つまり、物語の先に興味が湧かないんですよ。
この手の作品で視聴者が観たいのは
恐怖と緊張 その上を行くバトルと知性 ドラマなんですよ。

ガキのお喋りじゃないんですよ。



夜、クン、ワニ、この3人は いいバランスかなと思い始めてたんだけどなぁ…

◆◆◆
①日本の少年マンガのパクり
→これに関しては“ハンターハンター”が多く挙げられていますね。次にBLEACHNARUTO
⑥声が気持ち悪い
→どうしても 声の話であがるのが
レロ・ロー
その立場上、作中でも出番が多く台詞量がトップクラスに多い。

神之塔 5話感想【王冠の行方ークンの鞄がスゴい】

f:id:asutor:20200430004342j:plain

クンの鞄の力がチートレベルにスゴい
物をコピーできる?しかも コピーできる数の際限の有無も不明、完全再現なのか、制約があるのかも現状不明。

前代未聞の“鞄ゲー”になるんじゃないか
って言うくらい ちょっと便利すぎだろ。


鞄の話はさておき
本編のクラウンゲームは今回で終了、夜が深傷を負った事もあり次回は小休憩的な回かな。
夜たちが休む部屋にラヘルが来たところで次回へ。

クラウンゲーム自体は キャラが一気に増えた上どのキャラもイマイチ魅力がなく掘り下げもないため
ゲームは終始、盛り上がりに欠けたというのが率直な感想です。

そんな中やはり 頭ひとつ いや二つ以上抜けていたのが“クン”でした。彼の行動はファインプレーと言えると思います。
これは個人的な感想だけど、この“神之塔”の中でもキャラクタービジュアルも目を引くデザインだと感じます。
原作ファンからも非常に人気が高いみたいですしね。

あと クン君、夜との距離感というかスキンシップの取り方が結構アブノーマルな感じが強くなってきました。
f:id:asutor:20200430013607j:plain
f:id:asutor:20200430013618j:plain
ラヘル ピキピキしてます。(#^ ^)オ?