VRAIN雑記

アニメ、漫画などの感想

遊戯王VRAINS 117話感想【リボルバーの結末とAiの策謀の真実】

f:id:asutor:20190904230947j:plain

第117話「交わらない道」


完全に

最終回 ムードです。


ソウルバーナーの説得で
リボルバーの自首エンド 回避しましたね。

ネット世界の監視者という役目を与えて。


しかし、バイザー無しのリボルバー
印象が随分違いますね。
闘争の火が消え 儚げな優しげな 表情でした。
現実での鴻上了見でも こんな表情は今まで無かったのではないでしょうか。
「父さん…」
は切なかった…呪縛から解き放たれた…
というのが 切ない…
f:id:asutor:20190920210543j:plain
f:id:asutor:20190904211540j:plain
f:id:asutor:20190904230304j:plain
f:id:asutor:20190908204309j:plain
父親から託された使命、ロスト事件 それらを
自身の口で呪縛と言い表す彼は
本当に変わりましたね。
それでも 父親を愛する想いは変わらない
そんな 計りきれない胸中が 切ない…
イグニスに関わる彼の リボルバー そしてハノイ
役目は これで終わったんですね。



と言うか
待て待て待って
遊作と了見のお別れ まさか あれだけ!??
さらっと不意打ちで 遊作
「了見」呼びだし。
クルーザーでさっくり退場なのか!鴻上了見君!
(この二人は 積年の色々言い合いたい事があるでしょう)
f:id:asutor:20190904212943j:plain
f:id:asutor:20190904211619j:plain
f:id:asutor:20190904211627j:plain

「さらばだ 藤木遊作」

これで終わりなのかー!?
行くなって!スィ~って行くなって!?
あと、何のカードを「受けとれぇえ、遊戯ぃ」的に渡した!?
(ミラフォは やめたげて)


ああっしかし…やっぱり
遊作とも もっと きっちりとした形で決着が見たかった…!



f:id:asutor:20190904230329j:plain
そしてAi
驚きの事実 ハノイから逃亡の5年間 Aiは遊作や草薙さんを監視、干渉しており
Den city とLV、ハノイの騎士に行き着くよう誘導し
サイバースデッキを与えたのもAiだったと言う事が判明します。
なんてこったい…
もう色々な意味で観ていて動揺してきました。

予告もかなり不穏。Ai自身 死に方をPlaymakerに委ねようとしている?と語られていました。
久しぶりにショタ作(監禁中)が登場するみたいだから
遊作の過去や記憶についても 巻き取ってくれるのか!?


Aiの遊作への
「お前は俺の たった一人の友達だ」
と言う言葉
これは これだけはAiの本音だと信じたい…


このままエンディングに向かうにせよ
どうする気なんだ VRAINS!
リボルバー 鴻上了見というキャラクターのあの終わり方も、
そして Aiの自虐と自滅への道も
やるせなさすぎるよ(泣)!OTZ
(あとパンドール ももう あれっきり!??)
このままじゃあ 本当に あれだけの犠牲と悲劇の上に産み出されたイグニスって何だったの!?っていう結末になってしまうよ!


AiとPlaymakerのデュエル!
泣いても笑っても これが
ラストデュエルなのか!?
まだ開幕したばかりなのに 緊張感が半端じゃない!