VRAIN雑記

アニメ、漫画などの感想

遊戯王VRAINS キャラファイルNo.3【パンドール】

3期 新キャラクターとして登場した
対イグニス用AI“パンドール”
登場当初は あのリボルバーが作ったAIという事にまず驚きました。
そして話が進むにつれ、そのキャラクター、性格にも意外性が出てきました。
愛嬌もあり“女性的な優しさ”まで感じるんですよね。
そんなパンドールも Aiとのデュエルを得て
迷いや葛藤が生まれてきました。

f:id:asutor:20190803003042j:plain

第112話“SOL社の凋落”より
リボルバーとパンドールの会話です。
リボルバー様、次の私の役目は何でしょうか」
「お前の役目は終わった。闇のイグニスは お前を助けた」
「助けられたのでしょうか。私は結果的に助かっただけなのでは?」
「果たして そうかな…闇のイグニスは、お前に生きていて欲しかったのかもしれない。そうとも考えられる」
f:id:asutor:20190801113612j:plain
「…何故そんな事を」
「自分で考えてみてはどうだ」
「…大変 難しい問題ですね」
f:id:asutor:20190801213657j:plain
「思考を巡らす事、それが意思を持つ生命の最大の存在意義だ。それを楽しんでみろ」
「……」
会話はそこで終わり、その場を去っていくリボルバーを何も言わず見つめ続けるパンドール。


このシーンの二人の会話の内容 なかなかに難解です。
リボルバーは意思を持つAIパンドールに対して
自由意思、計算や理屈では説明できない感情について
考えさせ、学ばせようとしている
そう思えました。
リボルバーは一体、パンドールに何を求めているのでしょうか。
単なる“対イグニス用のAI”とは もう言い切れなくなってきました。

パンドールには “悩み”が生まれてきました。
そして真意が図りかねるリボルバー
VRAINSの根幹にある ディープな部分なんですよね。

今後が非常に気になるペアです。