VRAIN雑記

アニメ、漫画、ドラマ、映画の感想です。ネタバレが前提なので ご注意下さい。

炎炎ノ消防隊 11話感想【新門 紅丸の祭り】

f:id:asutor:20190921021121j:plain
f:id:asutor:20190921021131j:plain
f:id:asutor:20190921021149j:plain
f:id:asutor:20190921021158j:plain

いやあ、てっきり今回のエピソードは
第8の結成時の回想のみかと思っていたら

“第7”の新門 紅丸の登場
そして活躍を観せてくれました!
ソイヤ!セイヤ!

紅丸…
こういうキャラだったのかー!
義理堅い、人情家じゃあないですか!

紅丸の口が悪いせいもありますが
森羅くんは早々突っかかっていきます。
このシーンでは ちょっと森羅くんにイラッとしましたね。



f:id:asutor:20190921021206j:plain
最後の 大福を食べるシーンは
余韻が残り 紅丸の面には出さない物悲しさが感じられる
いいシーンでした。



…と まあ、一見すると かっこいいんですが
やはり、この作品の根本的な部分、回をおう毎に感じるんですが今回も そう…
焼死する人間を殺すのに 派手な演出をし
それを アニメの娯楽にする事への 引っ掛かり(不快感)です。

確かに“死の弔い”をまるで祝の席かのように振る舞う文化や死者本人による希望という事も有りますが…