VRAIN雑記

アニメ、漫画、ドラマ、映画の感想です。ネタバレが前提なので ご注意下さい。

とある科学の一方通行 10話感想【目覚め(カタストロフ)】

f:id:asutor:20190914013612j:plain
f:id:asutor:20190914013620j:plain

蛭魅と お兄ちゃんが報われねえ…
檮杌(とうこつ)恐ろしい。

けっこうグチャグロ展開にヒエエエエ

そして 檮杌から“悪魔”という言葉が発せられた時の演出が
凄くいい!
“とある”は 天使に関係する話や天使と呼べる存在は今まで登場してきたけど
“悪魔”ご直接的に物語に登場した事は有りませんでした。
否応にも (・∀・)wktk


“悪魔を自称する存在”が出てくるか…!?
と思ってたら
それはローゼンタール4代目当主の魂でした。
生前、残虐な所業から“悪魔”と呼ばれていたと…
(モノホンの悪魔じゃないのね)
その4代目野郎が 檮杌を唆して ここまでの反乱と暴走に至ってたんですね。
かなり 伏線なんて微塵もなかった新規キャラが黒幕でしたが、まあ そんな事はこの際いいです。


展開はクライマックスへ急転直下の超展開
“とある”の世界観のディープさ満載です。
(何がどうして 今どうなっているのか 状況がサッパリだけど)
f:id:asutor:20190914013548j:plain
f:id:asutor:20190914013554j:plain